Header image  
ウェアラブル・ユビキタス・エンタテインメント
の研究を推進しています
 
   最終更新日 2013年11月10日
 
 
 
 


 
ウェアラブルセンシングの課題・応用

  1. はじめに
  2. ウェアラブルコンピューティングと行動認識技術
    1. 行動認識技術に基づくサービス
    2. ウェアラブルセンサを用いた行動認識技術
  3. センシングを活用した情報提示技術
  4. センシングを活用した情報入力技術
  5. ウェアラブルセンサを用いた行動認識の研究動向
  6. おわりに

6 おわりに

ウェアラブルセンサを用いた行動認識技術の現状と課題について述べた.まず,ウェアラブルセンサを用いた行動認識技術の応用例と,基本的な行動認識の方法について述べ,次に近年採り上げられているウェアラブル行動認識の研究課題について述べた.ウェアラブルセンサを用いた行動認識技術はまだ成熟しておらず,さまざまな課題が山積している.ユーザの状態・行動に基づくサービス提供は今後のあらゆるシステムの基盤として必要になる要素であり,行動認識技術の重要性はますます高まると言える.これらの研究の特徴は,実世界でのサービス実装およびそこから得られた知見から次々と新たな研究課題が生まれていることであり,今後も3章で挙げた以外にもさまざまな興味深い研究課題が生まれてくるだろう.

例えば,ジェスチャ入力のシステムを常時利用することを考えた場合,ジェスチャは実際に手や足を動かすため,疲労度が高いジェスチャは日常的に使いづらい.また,疲労により動作が変化し,認識精度の悪化を招くという問題も生じる.今後はそのように日常生活における疲労の影響なども考慮した認識システムを作る必要があるかもしれない.

このようなウェアラブルセンサを用いた行動認識技術の最新の成果は,ウェアラブルコンピューティングに関する難関会議であるISWC(International Symposium on Wearable Computers)[1]をはじめとして,ユビキタスコンピューティング技術に関する国際会議であるUbiComp(International Conference on Ubiquitous Computing)[2]やPervasive(International Conference on Pervasive Computing)[3],PerCom(International Conference on Pervasive Computing and Communications)[4],インタラクション系の国際会議であるCHI(Conference on Human Factors in Computing Systems)[5]等で得られるので参照されたい.国内の関連団体としては,特定非営利活動法人ウェアラブル環境情報ネット推進機構(WINの会)\cite{win},特定非営利活動法人ウェアラブルコンピュータ研究開発機構\cite{team}などがウェアラブルコンピューティングにおけるセンシング技術に関する取組みを行っている.

参考文献

[1] http://www.iswc.net/
[2] http://www.ubicomp.org/
[3] http://pervasive2011.org/
[4] http://www.percom.org/
[5] http://www.chi2011.org/

連絡先

mail

tsutomu[[at]]eedept.kobe-u.ac.removehere.jp